鹿児島の家づくり サポートマガジン

地元企業様建築実例地元企業様建築実例

プロがオススメする最新の建築事例です。

スキップフロアを効果的に使い、狭小地でも満足の空間を

  • 鹿児島市/明和モデルハウス
  • 【施工エリア】鹿児島、南薩、姶良・伊佐
  • 【面積】延床:97.70㎡(29.55坪)
         1階:53.28㎡(16.11坪)     
    2階:44.42㎡(13.43坪)
  • 【構造】工法:木造軸組在来工法/基礎:ベタ基礎
  • 【建築本体価格帯】1,500〜2,000万円

広さ、収納、機能。すべてを諦めない

市街地の近くの家は利便性の高さが魅力。しかし、それと引き換えに敷地は制限され、たいていの家が「広さ」を諦めてきましたが、それもこれまでの話。鹿児島市明和に誕生した友技舎のモデルハウスは、この問題を空間のアイデアで解決しています。

 

36坪という、決して広くはない土地。駐車スペースを2台分確保すると建物に割ける敷地はさらに狭くなるはずなのに、室内はそれを感じさせません。秘密は階の上下に生まれるデッドスペースの使い方にあります。階段途中に設けた中2階部分にはデスクを備え付けたフリースペースが。例えば、ここでお父さんがパソコンを、家族で読書を―とさまざまな使い方ができます。階段下に生まれた空間は収納にしていますが、十分な広さがあるので奥さまの家事室、趣味室にもなり得ます。子ども部屋のロフト上部に設けた段差は収納の工夫を促す仕掛け。横の広さが取れないのなら縦に使えばいい。そんなアイデアが新たな家族の居場所と豊富な収納を生んでいます。

 

降灰や花粉の侵入を防ぎながら、新鮮な空気を室内にめぐらせる24時間換気システム「澄家Eco」や、環境浄化液を壁や天井、床に吹き付けることで半永久的に有害物質を分解・除去する「FTS工法」(RD遠赤外線電解洗浄工法)も採用。空気環境にまで配慮した、気持ちのいい家です。

Planning PointPlanning Point

澄んだ空気を生む「澄家Eco」×「FTS工法」

 デッドスペースを利用した収納のほかにも玄関の土間収納やキッチンなど、必要な場所に十分な収納を確保しています。24時間換気システム「澄家Eco」は家全体の空気の流れをつくる仕組み。真冬であってもエアコン一つで快適な暖かさを保つことが可能です。「FTS工法」との組み合わせで実現する空気の気持ちよさを、ぜひ現地でご体感ください。

informationinformation

スカイホーム

〒890-0045 鹿児島市武三丁目9-13

TEL:099-296-7600 FAX:099-296-7685

同じ地区の建築実例