鹿児島の家づくり サポートマガジン

地元企業様建築実例地元企業様建築実例

プロがオススメする最新の建築事例です。

人と風と光が集まる 自分たちらしい住まいを

  • 日置市/N邸
  • 【施工エリア】
  • 【面積】延床:162.30㎡(49.09坪)
         1階:119.24㎡(36.07坪)     
    2階:43.06㎡(13.02坪)
  • 【構造】工法:木造軸組在来工法/基礎:ベタ基礎
  • 【建築本体価格帯】2,000〜2,500万円

インナーコートで 室内を開かれた空間に

 仕事を通じて、本田建設と付き合いのあるご主人。建築中の現場に入る機会もあり、目に見えない構造や下地など、中身の質や職人の仕事ぶりにも触れていました。「だから、本田建設が建てる住まいなら間違いない‐と、思ってお願いしたんです」。すでに購入していた土地の環境を最大限に生かしたい‐と、ご主人が中心になってプランニング。開けた裏手の眺望をプライベートで楽しめるよう、外柵ぎりぎりまでウッドデッキを伸ばしたのもポイントです。セカンドリビングとしてはもちろん、人目につきにくいため、洗濯物を干すサービスヤードとしても活躍しています。
 N邸のテーマは「風と光と人が集まる家」。中庭のようなインナーコートを囲むように居住空間がレイアウトされ、家の内側からも光と風が届きます。スキップフロアはご夫妻が憧れていた間取りの一つ。LDKを見渡せる位置に和室として設け、床下はたっぷりの収納に。これから増えてくる子供用品の収納対策にももってこいです。キッチンはL字型にしつらえ、コンロの隣りにパントリー内の冷蔵庫が並ぶよう工夫。水回りも集約して、コンパクトな家事動線をかなえました。各部屋に細々と収納は作らず、ファミリークロークにまとめて置くスタイルで時短も実現。子育てにも忙しくなる新米パパ・ママをしっかりサポートする賢い造りになっています。

Planning PointPlanning Point

「当たり前」を真摯に重ねる住まいづくり

 互いの仕事を知り尽くしているため、基盤となる下地の施工は綿密な打合せにより、正確で強固なものに仕上げました。例えば、ダイニングの造作デスクは壁内に埋込み、より強固なものに。まきストーブの床下地では、破損や変形が生じないように床の捨て張りを2重にし、耐久性を向上しています。〝当たり前〟を丁寧に行うのが当社の心意気。暮らしの理想をぜひご相談ください。

informationinformation

本田建設

〒899-2103 いちき串木野市大里3244

TEL:0996-36-2285 FAX:0996-36-4608

同じ地区の建築実例