SUMIKA 10号
10/148

いい家はこうしてつくる!世界基準の家づくりが原価丸見え!その秘密はここ CMシステム とは?ご存知ですか? 家づくりにこんな方法があることを!これを知るとあなたの家づくりの常識が完全に変わります。CMシステムは、新しい5番目の家づくり方法。家づくりの方法は ❶大手ハウスメーカーやホームビルダー ❷工務店 ❸設計事務所 ❹建て売り販売会社だけではありませんよ!もうひとつの家づくりのチャンネルがあります。「原価公開による家づくりCMシステム」です。まだ全国的にみても非常に少ない方法ですが、各地で着々と進行しています。「あなたが主役の革命的家づくり手法」を縁のあったあなただけにお教えします。現時点ではこれ以上、価格を下げる事は不可能でしょう。また、価格以上に、これだけ失敗の少ない家づくり、楽しめる家づくりはないのではないでしょうか。このシステムを理解してそれを実行に移す事の出来る会社は殆ど皆無に近いでしょう。CMシステム鹿児島の家づくりは「原価公開」「分離発注でも可」「完全マネージメント」「プロのスタッフが対応」で安心。CMシステム(Construction Management System)のCとは【 コンストラクション=建築】、Mとは【マネージメント=管理・経営方法】の意味です。このプロジェクトに、対応する人達はCMr(コンストラクションマネージャー)を中心として、プランデザイナー、一級建築士、インテリアコーディネーター、それぞれの専門工事業者・・・等、万全の体制です。そのスタッフをCMrがまとめ、原価公開の分離発注方式の良さを充分に取り入れた施主には負担の少ないCMシステムの家づくりでは、かつてない新しい請負契約手法でしっかりとサポートしていきます。もちろん「完全分離発注方式」でも可能です。■ コストが下がった分、性能の高い家ができる■ 専門業者が工事を行なうので割安で安心■ デザイン性の高い注文住宅でも自由自在■ 設計料の負担は、工務店と同程度■ 2重のチェックで、施工の手抜き無し■ 保証や保険は、施主にぴったりで現在最高のもの■ 展示場・営業マン無しでお客様の負担が少ない■ 施工は専門工事業者のため、工事中倒産のリスク小■ 施工技術に精通したスタッフが対応■ こだわりや夢の実現を可能にしやすい■ 快適・健康・省エネ・高耐久の世界基準の家が標準では、CMシステムでつくる家づくりにはどんなメリットがあるのでしょう?直接コスト(原価)でつくる透明性の高い原価公開の家づくりの大きなメリットとは?CMシステム鹿児島の手法はそれだけではありません。皆さんが家づくりを考えるときに、これまでのように、「大手ハウスメーカーや、ビルダーのモデルハウスを見学に行って、その中で住宅会社を決めていく・・・」という選択肢だけではなく、これからは「CMシステム」という新しい家づくりの選択肢があるのです。従来の家づくりの方法❶ ハウスメーカー❷ 地元の工務店❸ 設計事務所❹ 建て売りの購入…そのほか、まだまだあります。★施主にとってのデメリットを無くす家づくりの方法ですから、殆んどのことがメリットになります。あなたが、この家づくりの方法を知ることと、今までと違った視点で家づくりを見ることで、何百万円も得をすると同時に、家づくりの失敗がなくなることを私たちは保証します。また、家は「完全光熱費ゼロ」のエネルギー自給自足型、世界基準の高性能高効率「プラスエネルギー住宅」を勉強します。CMシステムでの家づくり通常の家づくりでは、施主は建築工事のすべてを、一式請負業者(ハウスメーカーやビルダー、工務店など)に一括して発注します。しかし、CMシステム鹿児島での家づくりでは、施主は専門工事業者や職人に直接分離発注するやり方と同じ方法で進めます。また、この分離発注方式を完全に取り入れると、施主への負担と責任が増えてきますので、そこをもっと気楽にできるように改善したのがCMシステム鹿児島がつくり上げた独自のシステムという事になります。通常、一式請負業者(ビルダーや工務店)は、平均で建築費の20〜25%くらいの粗利益を取るわけですが(ハウスメーカーは30〜40%!くらいといわれます)、CMシステムでは、その分は〝無くなる〞という事になります。ただし、CMシステムで建てると全てがカットになるかというと、そうではありません。CMシステムでもやはり数%の諸経費が必要となります。しかし、これは決して利益ではありません。必要経費といわれるものです。また、私達CMrは利益を上げるのではなく、やった仕事に対するフィーをいただきます。但し、必要経費やフィーを合わせても10数%にしかなりません。ですからCMシステムでの家づくりは原価がよく分かり透明性も高いうえに、利益がいくら乗っているか?など考える必要がなく、いつのまにか「何百万円」も安くなっているのです。もともとCMシステムは、工事の原価公開(専門工事業者に発注する金額や設備、資材などの購入費や工事費を公開すること)は当然ですが、私共CMシステム鹿児島では、それ以外の”諸経費“も完全に原価公開を行ないます。通常、住宅会社や銀行などに言われた通り支払っている「火災保険」や「登記費用」「中間資金の金利」などの諸経費にも、しっかりとCMrとしてのノウハウが注ぎ込まれ、実際の見積などを御覧になられた方は「それ本当ですか?」とどなたもビックリされる程の内容のものを提案します。ここで公開出来ないのが残念です。(それだけ建築業界の見積は不透明だといえます!)失敗のない5番目の家づくり方法CMシステム鹿児島施工例CMシステム鹿児島施工例

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です