SUMIKA 10号
138/148

太田則宏建築事務所が手掛けた「棲みか」の光の例。■トップライトから光を取り入れ印象的な場に仕上げた土間。質感のある壁に受け止めた光が粒子状に拡散する。リズムよく配した丸棒が光の効果を高める。■限られた採光を効果的に用いたダイニング。直線的な光は時間によって傾きを変える。■壁の上部をガラス張りにし、建物の最上部から取り入れられた光を各部屋に届ける。明るい家族のイメージに合わせて、光で満たされた家に仕上げるのが狙い。■太田則宏建築事務所の住居兼事務所。大通りに向けて生活の営みが伝わるように配慮した間口とそこからもれる光。光が地域に影響を与えている例。■道具としての照明と、自然光を取り入れるハイサイドライト。照明は静かに夜の出番を待つ。■最低限の照明を配置したリビング。照度が必要になればスタンドなどで補えばよい。■窓の大きさを抑えたことで、暗めの部屋に外の景観が浮かび上がる。123451234576136

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です