地元企業様建築実例地元企業様建築実例

プロがオススメする最新の建築事例です。

年を経るごとに味わいが増す、自然素材の住まいの魅力

  • 鹿児島市/モデルハウス
  • 【施工エリア】鹿児島、北薩、南薩、姶良・伊佐
  • 【面積】延床:127.52㎡(38.57坪)
         1階:66.28㎡(20.04坪)     
    2階:61.27㎡(18.53坪)
  • 【構造】工法:木造軸組在来工法/基礎:ベタ基礎
  • 【建築本体価格帯】2,000〜2,500万円

本物の自然素材だから住むほどに味が出る

鹿児島市紫原の住宅地に建つ風雅匠房(深野木組)のモデルハウスは、自然素材にこだわって造られた、心地よい住環境が自慢の住まいです。完成したのは今から10年前。今回は、自然素材の住まいが年月を経た際の変化を中心に、同社が提案する住宅の役割や性能についても紹介していきます。

 

まず目に入るのは、木立に包まれたモダンな外観。真南に建物を向け、敷地に対して斜めに建てることで、日当たりや日射取得を考慮。効率のいいアプローチや駐車スペース、庭の配置も実現しました。玄関を入って驚くのは、ふわりと漂う香りです。同モデルハウスでは無垢材や珪藻土といった自然素材をふんだんに使用しています。でも10年経っていますし、宿泊体験や打ち合わせにも使われるので、それなりの生活臭がしそうなもの。ですが、最初に感じるのは思わず深呼吸をしたくなるほど爽やかな木の香り。目で見るより先に、厳選された素材のポテンシャルを実感できるはずです。

 

1階はLDKを中心とした開放的な空間。床は鹿児島産のスギを浮づくり加工したもので、当初白っぽかった木肌は深みや艶が増し、落ち着いた色合いに。珪藻土壁は部屋ごとに色や塗り方を変えています。10年経っても調湿・消臭の機能に衰えがないのは前述の通り。室内のアクセントにもなる造作棚も見どころです。庭へのつながりを持たせたテラスやベランダは木製。天然保護塗料仕上げで、素材や人体に対しての安心が続いています。

Planning PointPlanning Point

10年経った自然素材の家を体感できます

 モデルハウスのテーマは自然。温熱環境づくりにも太陽熱を活用するOMソーラーを導入しています。暖かな住まいが血圧の上昇を抑えるなど、健康にもいい影響を与えるのは、近年の研究でも確認されていること。自然素材のメンテナンスや経年変化が気になる方は、このモデルハウスで10年経過後の質感や味わい、快適さを来館や宿泊体験でじっくりと体感してください。見学会は随時開催中です。

informationinformation

風雅匠房

〒890-0054 鹿児島市荒田2-28-19

TEL:099-251-1611 FAX:099-252-6524

同じ地区の建築実例