お知らせお知らせ

Sumika 住マイルニュース! vol.20 [必見!ハザードマップ] 

本日は住宅を建築する前に必ず確認しておきたい、建設予定地のハザードマップについてご紹介します。

 

最近では、温暖化により亜熱帯気候に似た雨の降り方などのほか、同じ場所に雨が降り続く線状降水帯が発生し、住宅にも大きな被害をもたらしています。

県では,大雨による河川の氾濫の危険性をみなさんにお知らせし、事前の予防策(水防活動や避難行動)を進めていただくために,洪水浸水想定区域図の作成・公表を進めています。実際に家を建設してからでは対応が難しいので、土地を探すときから調べておくことをお薦めします。

 

また、県内の土砂災害(特別)警戒区域及び土砂災害危険箇所等の情報等も県のホームページで紹介されています。

詳しくは鹿児島県のホームページをご確認ください。
http://www.pref.kagoshima.jp/infra/index.html

お知らせ一覧へ