宮崎の家づくり サポートマガジン

地元企業様建築実例地元企業様建築実例

プロがオススメする最新の建築事例です。

フランス漆喰など自然素材を使ったアンティークが似合う家

  • 宮崎市/F邸
  • 【施工エリア】県北、県央、県西、県南
  • 【面積】延床:118.00㎡(35.70坪)
         1階:118.00㎡(35.70坪)
  • 【構造】工法:木造軸組在来工法/基礎:ベタ基礎
  • 【建築本体価格帯】2,000〜2,500万円

女性が図面を引いた、主婦目線の設計もポイント

シンプルな黒い外観の扉を開けると、アンティークの照明。漆喰の白壁に幻想的な影を落としている玄関が迎えてくれます。アンティーク好きな奥様と健康志向で自然素材を好むご主人。さまざまな情報を仕入れるうち、どちらの希望もかなえられると知ったご夫妻は「Smile工房」の扉をたたきました。

 

室内の装飾は、奥様の希望を取り入れてアンティークが似合うデザインに。壁は通常の倍の厚さで塗るフランス産の本漆喰を使用。床は幅の広いパイン材にアンティーク塗料を施し、雰囲気を高めました。さらに、フランスの田舎の家をイメージして、窓にはヴォレ(鎧戸)を付けるこだわりようです。

 

間取りや家事動線など、暮らしに沿った細かな部分まで女性目線の提案をしている点も同社の特長。キッチンからパントリー、浴室洗面所までの水回り動線を最短で配置するのはもちろんのこと、出入り口も扉で仕切った方がいい所と、のれんなどでゆるやかに仕切る所と使い勝手まで考えられて設計されています。収納も必要なところに必要な分だけ設けたことで、無駄なスペースが生まれないため、すっきりとした暮らしを可能としました。

 

奥様が集めているカップは、飾り棚をリビング中央に配置。ペットの猫ちゃんのためにキャットウォークも設けるなど、好きな物に囲まれる暮らしをカタチにしています。

Planning PointPlanning Point

フランスの田舎の家のような古民家が持つ要素を凝縮

 「ラ・フェルム」は、ヨーロッパの田舎にある古い民家をイメージしたデザインが特長。漆喰を使い、梁や床にアンティーク加工を施したアンティーク雑貨が馴染む、住み重ねるごとに味わいになる造りです。デザインの特長は、木、漆喰、アイアンや陶器がもたらす心地よいコントラスト。これらのデザインと機能性を備えた素材によって、室内の美しさが生まれます。

informationinformation

Smile工房

〒880-0036 宮崎市花ケ島町小無田649-7

TEL:0985-33-9517 FAX:0985-33-9518

同じ地区の建築実例