地元企業様建築実例地元企業様建築実例

プロがオススメする最新の建築事例です。

屋外空間を取り込んで 小さく心地よい暮らしを実現

  • 宮崎市/N邸
  • 【施工エリア】県央、県西、県南
  • 【面積】延床:91.91㎡(27.80坪)
         1階:71.21㎡(21.54坪)
         2階:20.70㎡(6.26坪)
  • 【構造】工法:木造軸組在来工法/基礎:ベタ基礎
  • 【建築本体価格帯】1,500〜2,000万円

こだわりの自然素材と 魅力的な間取りに注目

真っ白な漆喰壁が美しいN邸。内部空間にも惜しみなく使われており、飫肥杉の梁や柱とのコントラストはため息が出るほど。これらの素材が持つ空気浄化や調湿といった特性を活かし、体と心に優しい住まいがバリア・フリー工房のスタンダードです。
同社ではまず、住まう人に「どんな暮らし方をしたいか」を尋ねます。Nさんご夫妻の答えは、「家族と触れ合いながら、ゆったり過ごしたい」でした。N邸は延床面積が28坪弱。決して大きくはありませんが、室内に入るとその数字の印象はすぐ覆されることになります。理由は、リビングと2階フロアをつなぐ吹き抜け。そして、視線を遠くへ誘う奥行きの演出です。

 

南に隣家があるN邸は、敷地に対して建物を少し斜めに配置。平行に置くより庭の面積が広がる上、リビングの窓からは末広がりに見える効果も生まれます。さらにウッドデッキが屋外との一体感や開放感をアップ。ウッドデッキをカフェテラスにしたり、吊るしたハンモックで昼寝をしたりする予定なのだとか。使い勝手に合わせた造作収納を含め、自分たちらしい生活をかなえる工夫が凝らされていました。

Planning PointPlanning Point

自然を暮らしの味方にする

 限られた内部空間をいかに広く、豊かに彩るかがN様邸のポイントでした。LDKとウッドデッキの連携で、広がりや奥行きを演出。ウッドデッキは動線を兼ね、回遊性を高める効果も。盛り土で敷地を隣家より少し高くし、フェンスで囲むことでプライバシーを確保。外からの目線を気にせず、窓を開けて光や風を取り入れ、くつろげる住まいです。

informationinformation

バリア・フリー工房

〒880-0902 宮崎市大淀2-5-5

TEL:0985-54-6886 FAX:0985-54-6900

同じ地区の建築実例