地元企業様建築実例地元企業様建築実例

プロがオススメする最新の建築事例です。

行き届いたバリアフリー四世代が快適に過ごせる家

  • 鹿児島市/O邸
  • 【施工エリア】鹿児島、南薩、姶良・伊佐
  • 【面積】延床:178.45㎡(53.98坪)
         1階:95.64㎡(28.93坪)     
    2階:82.81㎡(25.05坪)
  • 【構造】工法:在来軸組工法/基礎:ベタ基礎
  • 【建築本体価格帯】2,000〜2,500万円

二世帯の希望を随所に盛り込んで

Oさんが車イスでの生活になったことと地域の区画整理がきっかけとなった2軒目の家づくり。1階にはOさんと娘さん、2階ではお孫さん夫婦と3人の曾孫の四世代が暮らす二世帯住宅が完成しました。玄関は2カ所、キッチンや水回りも二つずつ備えた完全分離型プランです。

 

1階のテーマとなったのはOさんの暮らしやすさ。1日の多くをベッドの上で過ごすOさんの部屋は南側に置き、明るい室内から空や緑の景色が見えるよう大きな窓を設けました。趣味の手芸作品を飾る棚も用意し、自分の時間を思う存分楽しんでいるようです。Oさんの部屋とLDKはフラットにつなぎ、大きな間口は引き戸で仕切ることもできます。水回りへの動線と重なるリビング内のスペースには家具を置かず、不自由なく移動できる形に。トイレや浴室の間口も広く設けたほか、毎日手を合わせる仏壇は車いすの高さに合わせました。

 

2階のお孫さん家族は5人。限られたスペースをいかにうまく活用するかが課題でした。「リビングが狭くなるという理由で和室は諦めていましたが、同社の完成見学会で見た和室の雰囲気がとてもよくて。アイロンがけや子どもの昼寝にも使えてとても便利だし、和室を作って良かったです」と奥様。キッチンと和室を仕切る壁に開けた間口も「遠回りする必要がない」と喜ばれています。生活音に配慮して1階のOさんの部屋の上にはバルコニーと寝室を設けました。

 

分離型の二世帯住宅ではありますが、実は玄関の先は建具一枚で仕切られているだけ。曾孫たちは1階にも「行ってきます」と声をかけてから登校するそうです。

Planning PointPlanning Point

やさしいバリアフリープランで介助も楽に

車イスで生活されるOさんの暮らしを第一に考えたプラン。段差をなくしたバリアフリー設計はもちろん、玄関やリビング、水回りなどの一つひとつの空間を広く使い、移動や方向転換が難なくできるようにしています。建物に取り込まれた2階バルコニーは雨の吹き込みが少ないので室内感覚で使っていただけます。

informationinformation

スカイホーム

〒890-0045 鹿児島市武三丁目9-13

TEL:099-296-7600 FAX:099-296-7685

同じ地区の建築実例