鹿児島の家づくり サポートマガジン

地元企業様建築実例地元企業様建築実例

プロがオススメする最新の建築事例です。

3世代を緩やかにつなぐ古民家風の2世帯住宅

  • 霧島市/A邸
  • 【施工エリア】鹿児島、姶良・伊佐、大隅
  • 【面積】延床:188.62㎡(57.00坪)
         1階:98.37㎡(29.70坪)     
    2階:90.25㎡(27.30坪)
  • 【構造】工法:木造軸組在来工法/基礎:ベタ基礎
  • 【建築本体価格帯】2,500万円〜

集まる、独立する状況に応じて住み分ける

夫婦と子ども、奥様のお母さんで暮らすため、霧島市内の温泉地にマイホームを完成させたAさん。落ち着いた和の雰囲気が好きで、それをかなえてくれる工務店を探していたところ、神社の工事も手掛けるなど和のしつらえが得意なムラオカを、知人から紹介されたそうです。Aさんが蓄えていた風水の知識も取り入れながら、家づくりは進められました。

 

 

共用の玄関から中へ入ると、豪華絢爛な迎え床と、差し色に朱色を効かせたホールが現れます。1階は、お母さんのスペース、2階は子世帯のスペース。お母さん専用のダイニングキッチンも設け、2世帯が気を使うことなくのびのびと暮らせるようにしました。家族みんなで食事をするときは、お母さんのダイニングがコミュニケーションの場として活躍。浴室、サニタリー、洗面室は、1階の居室を起点に最短の動線を描くようにレイアウトしました。

 

 

一方、「友人を集めて宴会ができるように」という希望を受けた子世帯のリビングは、天井高を従来よりも15㎝上げ、和室とつなげて使える17帖の大空間に。黒を基調に構造材を現した古民家のような趣が、高級感と安らぎを同時にもたらします。

Planning PointPlanning Point

よい距離感と安心感

黒を基調に柱を見せたしつらえで古民家風に仕上げた家。横に長く部屋数が多いA邸は、玄関を中心に各部屋へのアクセスをスムーズに。2世帯の居住空間を分けながら、玄関を供用にして自然なコミュニケーションを促す仕掛けを施しました。広さを活用して、納戸やクローゼットといった収納も豊富になっています。

informationinformation

ムラオカホーム

〒899-4462 霧島市国分敷根534-4

TEL:0995-46-5100 FAX:0995-46-6440

同じ地区の建築実例