天然木を活かした住空間で やすらぎの時間を過ごす

ご主人のお兄さんが県民住宅で新築したことを機に、同社の丁寧な住まいづくりを間近で体感したYさんご夫婦。中でも驚いたのは、室内の空気の違いだったと言います。厳選した木材を構造だけでなく、内装にもふんだんに使用。クローゼットの内壁もキリ材で仕上げるなど、独自のこだわりを持ちます。高気密・高断熱はもちろん計画的に換気をするシステムも導入。Y様邸も家の中に入ったとたん、爽やかな木の香りに包まれる感覚が。思わず深呼吸をしたくなる心地よさは、住み手にもゲストにも癒しを与えてくれそうです。

 

住まいづくりの計画中に子どもを授かり、「健やかな成長のためにも健康住宅を選びたかった」とのこと。同社はその思いをくみ、育児中はもちろん、年齢を重ねても生活しやすいプランを提案しています。見通しの利くワンフロアのLDKからコンパクトな家事動線、可変性のある子供部屋まで。平屋を希望したために建物の床面積は限られたにも関わらず、ゆとりすら感じます。認定長期優良住宅の優れた可変性、維持・メンテナンス性、そして耐震等級3+制震ダンパーで家と家族を守る住まいになりました。

狭小地を最大限に活かした スタイリッシュハウス

今年5月、鹿児島市街地のにぎやかな通り沿いに完成したK邸。ネイビーのガルバリウム鋼板とレッドシダーの原木の板張り、白い塗り壁に包まれた外観は、まるでカフェのようにスタイリッシュな佇まいです。

 

シンプルな箱型の総2階建てには、家族5人が心地よく暮らせる工夫がたっぷり。1階にLDKと水回り、2階に三つの個室を配置した無駄のないレイアウトは、約37坪の狭小地に建つ住まいとは思えないゆとりを感じさせてくれます。奥様のお気に入りは2階のファミリークローゼット。家族全員の衣類を一括管理できるのがとても便利だそうです。

 

キッチン横に設けた開放的なストリップ階段は「子供たちが大きくなっても家族が顔を合わせられるように」というご夫婦からのリクエスト。テレビ台やキッチン収納などは明るい色味のタモ材で造作し、室内ドアはネイビーでまとめて統一感を出しました。自分たちで取り寄せたという黒のアメリカンスイッチがさり気ないアクセントに。色や素材を統一したシンプルな空間だからこそ、住み手のセンスの良さがキラリと光ります。

うれしい配慮をちりばめた 高台の快適住空間に暮らす

市街地にも近い高台の住宅地『平佐ソラマチ』に、技建が手掛ける建売住宅が完成しました。スッキリとした外観そのままに、使い勝手のいい間取りが自慢の平屋造りです。同社では、女性の建築士やインテリアアドバイザーが活躍しており、この住まいにも女性目線の細やかな配慮があちこちに。例えば、家事をラクにする水回りの動線。回遊できるアイランドタイプのキッチン+横並びダイニングで食事どきの移動が短く済みます。脱衣室+ドライルームもキッチン背面に集約。洗濯の時短が期待できる配置です。

 

取材を行ったのは、蒸し暑さが残る9月の午前中。その日開けたばかりの室内に入って驚いたのは、空気がさらりとしていることでした。実は玄関・LDK・和室で、調湿や消臭の特性がある珪藻土の塗り壁を採用。収納などにも同様の機能を持つ内装材(モイス)が用いられています。生活の中で家族が自然にコミュニケーションを取れる、リビング中心のレイアウトも魅力的。コンパクトながら等身大の暮らしをイメージできるプランは、幅広い世代の共感を得られるはず。見学は随時OK。ぜひ現地でお確かめください。

北欧テイストの色と素材で 遊び心をくすぐる空間に

真っ白い塗り壁と茶色い瓦屋根が調和したかわいらしい外観に、木の質感や優しい色合いのコーディネートが印象的な室内。ナチュラルな北欧テイストがたっぷり詰まったY邸は、奥様お気に入りの住宅雑誌を一冊丸ごとお手本にして造られました。

 

Yさんご家族が家を建てることになった際、「赤瀬川建設さんで大工をしている本田さんが主人の幼なじみなんです」という縁で同社に相談することに。小学生の頃から大工になりたいと言っていた本田さんなら情熱を持って仕事をしてくれるだろうという信頼感もあったといいます。

 

打ち合わせでは、外観デザインや床の色合いなど、雑誌の写真からチョイスすることでイメージを共有し、リビングの一角に設けた黒板付きのキッズスペースや、ダイニングの絵本ラック付きの食器棚も、統一感を壊すことなく造作。真ちゅうのトグルスイッチや照明などディテールまでこだわりのインテリアでそろえられました。デザインの主導権は奥様でしたが、間取りや機能面はご主人が担当。玄関からの動線をクローゼットにつなげたり、キッチン近くに水回りをまとめることで、家事時間を短縮しています。

幻想的な世界観で魅了する 解けない魔法をかけた住まい

霧島市隼人町東郷に、かなり気になる建物が出現しました。手掛けたのは、モルタル造形を使った唯一無二の住まいを創り出すウッドペッカーです。実はこの建物、同社の新たなモデルハウス。外観だけでもただならぬ雰囲気を醸していますが、室内に入るとさらに想像を超える世界が広がっていました。

 

石造りを思わせる玄関ポーチから中へ。重厚なドアの向こうに待っていたのは、絵本の世界から抜け出てきたような空間です。約400年前のヨーロッパの街の路地裏を再現した『Rojiura』は、同社の真骨頂ともいえる技術を間近で体感できるスペース。静かに佇んでいると場所も時間も超え、時空を旅しているような気持ちに。これらがすべて職人の手作業で生まれているということにも驚かされます。

 

住まいづくりにおいて〝休日はわが家で〟とのテーマを掲げている同社。憩いの時間を充実させる、パティオや屋上庭園の提案も見逃せません。中でも小さなプールを備えたパティオは必見! 子供たちの水遊びにBBQにと、お家時間の楽しみが広がりそう。見学は予約制。午後8時まで開館しているので夜間見学もオススメです。

厳選された素材を用いて リュクスな大人の空間を創る

非日常のエッセンスを大切にした住まいの提案を得意としているアクシスデザインスタイル。鹿児島市吉野町に構えた建物は、事務所やカフェを併設した職住一体の造りです。そのため、住空間でありながら、生活の気配を最小限にとどめる仕掛けやデザインが満載されています。今回は、代表であるNさんの自邸を同社のコンセプトモデルとしてひも解いていきましょう。

 

建物は地下スペースを持つ2階建て。中庭を囲むようなコの字型が特長的で、同社が手掛けるプランにも多く採用されています。理由は、住宅地でもプライバシーや採光を確保しやすいから。N邸ではガラス窓やガラス戸を組み合わせて、室内からの良好な視界や明るさをキープ。中庭では子供たちを安全に遊ばせることが可能です。

 

「旅行先のホテルや旅館をイメージしている」というN邸のパブリックゾーン。打ち合わせなどでお客様も利用する玄関からLDKにかけては、厳選したアイテムでのコーディネートが光ります。自然石やアイアンを効果的に用い、大人の隠れ家を思わせる上質な空間が印象的。雰囲気を壊さない収納計画も大いに参考になるはずです。

家族みんなでつくり上げていく 心地いい暮らしの空間

栗野岳を望む、自然豊かな地域に暮らすUさん家族。ご主人の地元で住まいづくりを始めたものの、「数社に相談しましたが、私たちのこだわりと予算が合わなくて」と、うまく前に進めません。そんな状況を打破したのが田上建設でした。同社は丁寧な施工と実績で地域からの信頼を得ているビルダー。戸建てでは外部の建築士とコラボして、住み手の理想をかなえています。

 

ご夫婦の思いは、想像を上回るプランで返ってきました。その一つがスキップフロア。「この発想はなかったけれど、造ってみたら勉強場所として大活躍しています」。スキップフロアがあるのはロフトへ続く固定階段の途中。子ども3人が並んで使える机と書棚が備わっています。帰宅後はここで宿題を終わらせて遊ぶなど、子供たちの行動にもよい影響を与えているそう。

 

暮らしの中心はLDK。吹き抜けや和室との一体感で伸びやかな空間をつくり出しました。コの字型キッチンはダイニングカウンターと目線が合うよう段下がりに。また、妥協のない収納計画でスッキリ空間と家族での片付けを実現。みんなで協力しながら、快適さをレベルアップしていくU邸です。

シンプルな平屋と大きな庭で 緩やかな暮らしを楽しむ

周りに豊かな自然の残る鹿屋市の住宅地に建てられたコンパクトな平屋建て。広い敷地を贅沢に使った庭を有するK邸の玄関土間の片隅には、カブトムシたちのケースが二つ置かれていました。以前から「3人の子供たちをマイホームで伸び伸び育てたい」と考えていた奥様が土地探しをする中で偶然見つけたのは、それまで住んでいた借家の目の前の土地。当初家づくりに乗り気ではなかったというご主人も、「もし建てるなら性能の良い家を」と調べているうちに、高気密・高断熱、そして耐震性能にも優れたスーパーウォールの家に惹かれていったのだそう。

 

室内は「リビングと玄関を広くしたい」という家族の希望をかなえつつ無駄を省き、子供部屋は共有の一部屋のみ。キッチン近くに水回りやサンルームをまとめて家事動線を短縮させています。

 

リビングの大きな掃き出し窓から入る風は、北側の窓へ抜けていく風通しの良い住まいになりました。「庭が広いので子供たちは外で遊ぶことが多いですね」と奥様。家の裏には水路もあり、夏にはトンボが羽化する感動的な瞬間を家族で観察できたのだそう。

光降り注ぐ空間で 家族の未来を描いていこう

今年6月、鹿児島市の丘陵地の一角に完成したH邸。この家で新婚のご夫婦とかわいいチワワが暮らしています。

 

四角い箱のようなシンプルな外観と、スケルトンのリビング階段がアクセントになったLDKが印象的なスタイリッシュな住まい。リビング階段を上った先にバルコニーと開放感のある大きな窓を設けた採光が功を奏し、暮らしの中心になるLDKは光が降り注ぐ明るい空間になりました。

 

ご主人の希望で家中に敷き詰めたという白い大理石風のフロアタイルは水にも強く、部分的に取り外しができるので、ペットの居るH邸にはぴったり。天井、壁、床を白で統一し、焦げ茶や黒で引き締めたシンプルな色彩計画が飽きのこない空間をつくり出しています。

 

1階のリビング横にはベージュのカラー畳を敷いたモダンな和室を配置。2階には主寝室のほか、将来の子供部屋として個室を二つ用意しました。対面キッチンの奥に脱衣所と浴室、廊下を挟んで洗面室とトイレを配置した動線は奥様のお気に入りです。「家の満足度はマックスですね。今でも帰って来るとうれしくて」と話す、その輝くような笑顔が印象的でした。

心地いい暮らしの背景にある 天然素材のシンプルな空間

緩く傾斜した片流れの大屋根が、建物の存在感を際立たせるK邸。2本の側道に挟まれた三角の敷地を有効的に使い、リビングから開聞岳が見える配置計画です。ご夫婦から「仕事室を設けたい」との要望を受け、個別にスペースを用意。特に奥様が開くピアノ教室は、LDKに隣接する間取りのため、向かいにある小上がりの和室は待合室としても利用できます。障子を開けばリビング・ダイニングとの一体感を演出できるのも、この間取りの特長。2階の子供部屋は、将来2部屋に仕切れるよう、成長を考慮した設計です。

 

こだわったのは、天然素材を使ったシンプルで上質な空間づくり。床材にはナラ、1階の壁は珪藻土の塗り壁、和室は壁と畳が和紙製です。吹き抜けを持つ開放的なリビングでは、現した梁や柱がアクセントに。洗練された空間デザインで、素材の魅力をさらに高めています。全開口サッシからの眺望を望めるキッチンは、パントリーを経て家事室、水回りにつながる家事動線への起点。洗面・脱衣室とランドリールームの間に配したウォークインクローゼットのおかげで、洗う・干す・しまうにかかる時短もかなえました。