地元企業様建築実例地元企業様建築実例

プロがオススメする最新の建築事例です。

粋でいなせな職人の心意気と技能を凝らした和の極み

  • 鹿児島市/I邸
  • 【施工エリア】鹿児島、北薩、南薩、姶良・伊佐
  • 【面積】延床:189.00㎡(57.17坪)
         1階:139.00㎡(42.04坪)     
    2階: 49.00㎡(14.82坪)
  • 【構造】工法:木造軸組在来工法/基礎:ベタ基礎
  • 【建築本体価格帯】お問合せください

大工と左官で築いた、誇るべき木造住宅

名うての左官職人の自宅はやはり、すごい。完成して5年経つ今でも、室内にはさわやかな木の香りが漂い、あたかも新築のようです。

 

家が長持ちするためには、湿気は大敵。高温多湿の鹿児島ではなおさらです。長年の経験に裏打ちされた左官職人としての知識と技能を生かし、結露のない家を目指したIさん。信頼できる相棒として、旧知の赤瀬川建設に大工を依頼しました。大工と左官の手による木造住宅の素晴らしさを、自らが家を建てることで確信したかったのだそう。加えて、後進の若い職人へ技術を伝承することも目的でした。

 

外も内も、家中すべてが職人の手仕事によるもの。きめ細やかな意匠が凝らされ、どこをとってみても、思わず感嘆の声が漏れるほど見事です。庭に面した縁側の脇には、洗い出しの戸袋が完成。昔ながらの左官が作る戸袋も、今では非常に珍しいものとなりました。玄関の上品な聚楽壁(じゅらくかべ)は、少しでも塗りムラが出ると、また一からすべて塗りなおさねばならないほど、繊細な技術を要するもの。リビングの大天井を見上げると、帯状に巡らされた凸凹の装飾、蛇腹引き(じゃばらひき)が整然と施されています。左官に負けじと大工も腕を振るい、書院や欄間、建具、小さな造作に至るまで、隙がありません。この家には、職人たちの技の〝粋〟が注がれています。

Planning PointPlanning Point

県産材をぜいたくに使用した温もりあふれる木造住宅

 鹿児島県産材をふんだんに使用、人工建材を一切用いることなく、自然素材のみを使って建てた木造住宅のI様邸。湿気の多い鹿児島。なおかつ、川沿いの立地ということもあり、結露を抑えることが最大のテーマでした。まさに大工と左官の腕比べ。各々の職人が威信をかけて、らつ腕を振るった相乗効果もあり、健やかに暮らせる、丈夫で美しい住まいが完成しました。

informationinformation

赤瀬川建設

〒890-0001 鹿児島市千年2-41-13

TEL:099-218-8865 FAX:099-218-8865

同じ地区の建築実例